費用をおさえて

一般的な葬儀は、亡くなった人に縁のあった人にお知らせして葬儀に参列してもらい、亡くなった人を見送るというものです。会社関係者や近所でお付き合いのあった人などに見送ってもらうというものです。 最近は昔のように近所づきあいが薄れていたり、家族形態が変化しているため、親しかった身内だけで執り行われる家族葬が注目されています。基本的には一般の葬儀と内容は変わりませんが、少ない人数で行われるので、故人とゆっくりお別れできる時間がとれるのが特徴です。人数が少ないため、自宅で行いやすいことも注目されている理由です。 また、亡くなった人の意志などでひっそりと葬儀を行いたい場合は、通夜や告別式を行わない直葬というスタイルもあります。

一般的な葬儀はたいへんお金がかかります。葬儀社で執り行う場合、葬儀社に払う費用、斎場や参列者の飲食代、寺院に支払う費用などを合わせると200万近くかかるというデータがあります。参列者が多くなれば、式場も広くなりますし、飲食代なども増えます。そういう点からも、家族葬などの少人数で行われる葬儀が注目されています。ただ、家族葬、直葬など身内で葬儀を行うときには、後々トラブルにならないようご近所さんには故人の意志、身内の考えであることを理解してもらいましょう。 また、高齢化社会の現代において、高齢者夫婦、孤独死などの問題もあり、一般的な葬儀ができない、ひっそりと執り行いたいという理由もあり、費用がかからないスタイルは増えていくと考えられます。